CSスペシャリスト検定はCSを理論的に体系化し、CS理論とCS実践技術の習得度を測定できる日本で唯一の民間資格検定です。

03-6411-2184
平日10:00~18:00

記事詳細

公開講座 zoom   第41回CSマネジメントセミナー      2022年 12月12日 15:00~16:00               

テーマ:組織レジリエンスはCS実践力で培われる

      

皆様の会社では、「組織レジリエンス」をどのように醸成していますか?

物価高騰、長引くコロナ禍により、社会情勢は激変状態にあります。このような状況下において、顧客ニーズは激変し、その本質自体にも変化が起きています。ビジネスは最適かつ最新の問題解決力を求めて、IT技術の高度化へと進んでいきます。

  今、最新の企業評価指標として、「組織レジリエンス」が重要視されています。企業が逆境、激変を乗り越えていく「抵抗力と適応力」を測るものです。当然、この「適応力」を見出すためには、顧客の本質的なニーズの変化を「どうやって、どのようにキャッチするのか」という「お客様を深く知る=気づき」というCS実践の基本行動がポイントになります。

  さらに、その気づきから「現況から未来を拓く」ための問題解決案の提案をしていきます。その視点の持ち方に満足度を高める3ステップの理論が有効になります。企業の具体事例を用いながら、組織レジリエンスを醸成するためのCS実践の在り方を解説いたします。

<カリキュラム>

  1. 組織レジリエンスとCSの関係を論理的に説明する
  2. 実例からCSを土台にした組織レジリエンスを理解する

事例)アバターコンシェルジュ(遠隔・リモート接客の仕組み)活用

(新宿ワシントンホテル)

  • 仕組み提案会社はどのようなCS実践で採用されたのか
  • ホテルは顧客ニーズの変化をどのように判断し、CSアップを目指したのか
  • 新たな「適応力」を見出すためのCS実践教育とは?

     

組織レジリエンスは最新の企業評価指標でもあります。ぜひ、ご受講ください。

 

2022年12月12日 月曜日 15:00から16:00

メルマガ会員専用(無料)申し込み メルマガ会員に新規登録して(無料)に申し込む 有料に申し込む

お申込みが完了しましたら、次の手順で準備をお勧め願いします。

受講申し込み完了

 受講準備

ご視聴なさるPC/スマホにZOOMをダウンロード

 ↓

開催日前日に事務局よりURLのご送付