CSスペシャリスト検定はCSを理論的に体系化し、CS理論とCS実践技術の習得度を測定できる日本で唯一の民間資格検定です。

03-6411-2184
平日10:00~18:00

記事詳細

公開講座 zoom 第37回CSマネジメントセミナー 12月10日 15:00~16:00

テーマ: 言われ尽くした「価値の提供」を本物にする時がやって来た!

     CS推進担当者は「主役はお客様である」を提言しよう!

     

<概要>

 みなさんの会社では「この商品をどのように売っていこうか」という会議が行われてはいないでしょうか?まだまだ日本では、企業の役割は「〇〇を売ることでお客様を幸せにすることができる」と心の中で思い込んでいる経営層が多いようです。

 ホームページに掲げた「価値共創」「顧客価値創造」「価値提供企業」という文字はスローガン化してはいないでしょうか。コロナ関連事業で増収に至った会社もあれば、「とにかく売らなくてはいけない」と躍起になっている会社もあります。

 大事なことは、「その商品で、私たちはお客様にどのような価値を提供するのか」という次のステップを目指すことのはずです。目指すということは、社内でいっぱい意見を交わす必要があります。多様化かつ複雑化する顧客ニーズにどのような価値を想定することができるのか?

 ものづくり事業では、『oodaループ(ウーダループ)』、サービス系事業では、『ナラティブ』というCSにかかわる言葉が使われるようになりました。共通しているのは「主役はユーザー」「主役は生活者」という考え方です。

 ブランド力にかかわる取り組みについて、「ストーリーの主役はお客様」という切り口から、みなさまが今すべき「会社への提言」を解説いたします。

<カリキュラム>

1.「価値を提供する」の本質

2. 価値の提供をブランドストーリーで考える

3. コロナで見失った「顧客価値」を再現する

4. 「主役」を再認識する「ウーダループ」「ナラティブ」とは

5. こんな発言がCS担当者を輝かせる

※活用する事例(予定) 

①生命保険企業

②家電メーカー

2021年12月10日 金曜日 15:00から16:00

メルマガ会員専用(無料)申し込み メルマガ会員に新規登録して(無料)に申し込む 有料に申し込む

お申込みが完了しましたら、次の手順で準備をお勧め願いします。

受講申し込み完了

 受講準備

ご視聴なさるPC/スマホにZOOMをダウンロード

 ↓

開催日前日に事務局よりURLのご送付