本文へスキップ

CSスペシャリスト検定はCSを理論的に体系化し、CS理論とCS実践技術の修得度を測定できる 日本で唯一の民間資格検定です。

TEL. 03-6411-2184

kentei@cs-kentei.jp

研修実績・企業様の声CS

2月7日(金) 開催!クレーム対応速習上級講座&第30回CSマネジメントセミナー セミナーレポート!

今回は13:00〜17:00で2つのセミナーの2部構成です
両講座ともに満席で、最後は受講者の皆様から大きな拍が巻き起こり、会場内は熱気に包まれました!講師の石川も大感激のエンディングでした。
受講者の皆様の感動のお声をお伝えします! なお、クレーム対応速習上級講座は、webセミナー版もございますのでご参加出来なかった方はこちらからお申込み下さい。
クレーム対応速習上級講座(webセミナー) http://www.cs-kentei.jp/claim-video.html
■クレーム対応速習上級講座 受講者の声
当日のセミナー内容はこちらから http://www.cs-kentei.jp/0207A.html
【「よいお客様でありたいと思わせる解決策の示し方」に共感しました!】
日系ホテル勤務 W・E 様
先日せっかちなシニア男性の電話対応をしました。話し中ご自身の気の短さを反省されていました。文句調でありながらも最後はありがとうの一言があったおもしろいおじいさまとの会話になりました。 良い人でありたいけどできないという想いが人にはあるのかも。そこを理解し、私がお客様に対してうまく 表現していればもう一歩進めて顧客になっていただけたかもしれません。そんな経験があったので、 よいお客様でありたいと思わせる解決策の示し方の方法に一番共感した次第です。
【苦手だったお客様との合意形成の仕方が理解できるようになりました!】
ITソリューション会社勤務  K・M 様
以前からお客様の感情を浄化するための合意形成が苦手でした。 クレーム対応でこちらのご提案を理解して頂くためにも、合意形成が重要であることは知っておりましたが、なかなか実践することができませんでした。 トークスクリプトと事例音源を視聴することで、ポイントがよく分かり腑に落ちました。 明日から実践してみようと思います。
【新人の自分でも、明日から実践したいと思える内容でした。】
化粧品通販会社勤務  T・S 様
「クレーム対応速習上級講座」というタイトルだったので、入社1年目の自分には無理だと思いましたが、早く成長したいのでセミナーに参加を決意! 元々自分が不得意だった相槌の打ち方や、論理性のある言葉選びなど今の自分が出来ていないことを、事例を交えながら分かりやすく説明して頂きました。オウム返しの相槌をしていた自分が情けないです(笑)上級講座となっていますが、ある程度経験があれば腑に落ちる内容ですので、若手の方々にもお勧めです。

□第30回CSマネジメントセミナー 受講者の声
当日のセミナー内容はこちらから http://www.cs-kentei.jp/0207B.html
【精密機器メーカー勤務 Y・H様 】
今までのやり方、今までの考えは変えていく必要があると深く感じました。 今日は2時間だったので、もう少し長い基本講座をぜひ聞きたいと思いました。 BtoBtoBtoCの部分が多いのですが、それぞれの「担当の考え方」「認識」が必要ですね。 あっという間で勉強になりました。今日はありがとうございました。
【レジャー業界禁 I・K 様】
私の業務もどんどん機械化されようとしている。 その中で人がすべきことを考えられるようになった。 カスタマーケアという言葉を初めて知りました。社に持ちかえって伝えていきたい。 検定についても調べて、ぜひ勉強したいと思いました。 旬な事例もたくさんお話頂き、私もアンテナを張っておきたいと思いました。

第28回CSマネジメントセミナー受講者の声

・不満と現実の問題は異なるものだ、という説明に思わずゴクリ。満足度調査の数字が本当に企業に必要な数字なのか?と指摘があり、さらにゴクリ。でした。営業や技術者が 求めているCS実践プロセスでわかる情報を発信していなかったことに気づき、目からうろこでした。次回も参加します!

・「自分ゴト力」という言葉を教えていただき、CS実践のプロセスでは、ここが「選ばれる理由」になるのだと理解しました。そもそも、CSを実践していると、マーケティングとイノベーションという2つの機能が働くということが驚きでした。事例で説明していただき、納得できました。とにかく事例が勉強になりました!

ベーシック・プロフェッショナル企業受検の受講者の声

・ベーシックレベルの企業受検をしました。すぐに応用して自社で使える会話ポイントが満載でした。準備は時間が必要でしたが、その時間に気づいたこともたくさんあり、技術職として襟を正して、お客様とのかかわり方を大切にしたいと思います。満足度3ステップは机の上に貼っています。刺激になります!

・プロフェッショナルの企業受検を受けました。直前セミナーがとにかく、システムエンジニアが抱えている「効率と品質」に直結しており、そこからお客様の満足度をどのように位置づけて考えていけばよいのかを、存分に学びました。あそこまで企業や経済の実例でCSについて指導されるとは驚きました。また、受けてみたい講座です。

2019年 CS推進者のための基本講座の受講者の声

・世の中の変化、経営とCSの考え方など、ビジネス講座そのものでした。難しい説明もありましたが、すぐに身近な事例で説明してもらえるので、わかりやすかったです。異動になったばかりで不安だらけでしたが、「CSの仕事のプレゼンスを高めてやる!」と少しだけ勇気がわきました。石川先生、ありがとうございます!

・自社のCS推進が稚拙だ・・・と痛感するばかりでした。テキストの厚みもボリュームがありますが、講師の熱意も。他の受講生の方のメモ量がすごく、刺激を受けました。下期は後輩を受講させる予定です。今後ともよろしくお願いします。

「気づきから始まるCS実践」



エネルギー事業 お客様相談室 室長
この度は、本当にお世話になりました。講演内容につきましては、担当役員からも「今回はとてもよい先生だったな」と高い評価を得ましたのをはじめ、他の社員からも「わかりやすかった」「今までと違ってかなり勉強になった」等の声をもらっております。私自身も、先生に来ていただいて正解だったとホッとひと安心しているところでございます。

エネルギー事業 教育担当者
この度は3回もご講演賜り本当にありがとうございました。3回ともすぐに受講者を察して頂き、講演内容を器用に変更して頂き、私も大変興味深く聞き入っておりました。 専務、取締役また関係会社の役員の方からも今回の講演内容は大変良かったと朝から電話が殺到しております。 従業員からも1時間が短く感じ、もっと指導までしてほしかったとのお声も届いております。 ビジネス発展のためにCSが大切だということが明確に理解できました。

 先生が講演内容に関して「プロですから」とおっしゃっていらっしゃいましたが、 先生の頭の回転の速さ、柔軟さまた多くの経験をされた際の細く鋭い気づき(感受性)の豊かさに大変心をうたれました。


「某損害保険会社 自動車損害調査部 様」

大手損害保険会社、自動車損害調査部様の契約者対応力向上研修会に代表理事石川かおるが登壇いたしました。
契約者に向けたCS実践を理論と契約者心理の理解を土台にして、交渉術のロールプレイングを交えながら進めました。受講者様の真剣な眼差しが印象的な研修となりました。