CSスペシャリスト検定はCSを理論的に体系化し、CS理論とCS実践技術の習得度を測定できる日本で唯一の民間資格検定です。

03-6411-2184
平日10:00~18:00

スペシャリストレベル

お申込から結果通知までの流れ

  • お申込・・・・・この頁下部の「お申込」ボタンをクリックしてください。お申込は通年で受付しております。
  • 受検に関するご案内・・・①受講料のご入金が確認後、5営業日以内にテキスト及び課題を郵送します。
                   

  • 受講開始日の通知・・・・受講期間と全体のタイムスケジュールをeメールでお知らせします。
    【第1回課題提出締切】・・・・・・・受講開始日より1ケ月後
    【第2回課題提出締切】・・・・・・・受講開始日より2ケ月後
    【第3回課題提出締切】・・・・・・・受講開始日より3ケ月後
    ※ 課題を月1回のペースで提出(短縮させることは自由です)

  • 実技問題及び口述問題・・・・☆実技問題・口述問題は受講開始日から2ケ月後から 終了日以内で実施を想定(別途通知) 但し、課題提出が早い場合は、第3回目の課題提出後
    2週間以内の日程で日時を設定します。
    ご指定をいただく電話番号に、事務局からお電話を差し上げ、確認をしてそのまま行います。
     ※実技問題・口述問題は受講期間内での終了が必須 。

  • 結果通知・・・・実技問題・口述問題終了後1ケ月以内にeメールで通知します。
  • その他・・・・受講期間中の質問はeメールで受けます。

通信教育の概要

試験概要 期間内に課題を3回提出及び実技試験・口頭試問を電話で行います。
受検を
お勧めする方
 企業組織・団体においてお客様目線で商品開発やサービス開発を担当したり、お客様の声を収集分析し、改善方法や解決策を策定するために必要な能力を養成することができます。これらの能力を必要とする方や必要とされる職場での活躍を希望する方に受検をお勧めします。
通信教育
テーマ
(課題)
月1回ペースで提出していただきます。
第1回 ①CS実践3ステップの理解と顧客価値
②CS実践・向上と実績向上のロジカルな説明
第2回 ①不満足への気づきと価値創造
②CS設計・サービス創発
第3回 ①社内CS教育と成果の見える化
②内部CSへの取り組み
受講期間 3ケ月 (但し、課題提出は順次受付可能)
試験方法 ①課題提出 3回
②実技試験・口頭試問(予め設定した日時に電話で行います)
合否基準 1テーマ(課題)に対して65点以上の評価で1単位とします。
・合格には4単位が必要です。
・単位制を採用しておりますので、65点未満の課題については補習で再提出をして いただくことができます。
受検方法の変更について 及び留意点 スペシャリストレベルの通信教育型受検への移行に伴い、飛び級受験を開始します。従来は、企業様の推薦や実務経験を検定協会で審査し、受検を受理してまいりましたが、今回の通信教育型受検への移行に伴い、飛び級受験を受検方法の一つとすることといたしました。ですが、合格基準やその評価基準は従前と変わるものではございません。
 



受検料

 34,650円(税込)

※飛び級受検をご希望の方へ ご受検なさっていないベーシックやプロフェッショナル部分は、テキストでの学習をお勧めいたします。


お問い合わせ先

TEL. 03-6411-2184 
e-mail. kentei@cs-kentei.jp
一般社団法人CSスペシャリスト検定協会  事務局